because i am not myself right now!!you see...

i'm afraid i can't explain myself.sir

タイトルなし | main | タイトルなし
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
1/22

03.微光之城

潮濕陰暗的大樓牆壁反射著夕陽餘暉,這是座太陽永不真正升起,也永不真正落下的城市。

純然正義的靈魂存在於故事之中,存在於長者的口中,存在於小孩子的夢想中,然而也沒有人擁有勇氣去懷抱純然的暗。人們安分的過日子,默然的接受生活中不公平或公平的任何事,遊走於夕陽餘暉之中,下一步就踏入辦公大樓的陰影。
這城市的空氣潮濕且壓抑,讓每個人的表情木然,太開心或是太傷心都會破壞這裡的平靜,使每個人受到打擾。

這座城市靠著大海,那片海域的閃閃發亮,人們偶爾會想起什麼,抬起頭看著夕陽落在這片的閃閃發亮的海上。


スポンサーサイト
| Ficlet | 16:08 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://takiva.blog103.fc2.com/tb.php/561-5061eca9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

來玩

點大人

Author:點大人
BGM:Never Kiss You Goodbye
要關音樂請愛用Esc。
點點的個人檔案
點點的 Facebook 個人檔案








時計

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。